雨樋修理・屋根の修理は火災保険で!中高年お悩み相談所

こんにちはfree-Lifeです。今日は火災保険についてお話ししたいと思います。

雨樋の修理費は火災保険でまかなえる?

皆さんの住んでいる家屋は、長い年月とともに、色々な所が雪や風などの影響でダメージを受けていると思いますが、そのダメージ『火災保険で修理費をまかなえる』ということを皆さんご存じでしょうか。

火災保険といえば、名前からして火事や地震被害時の保険というイメージをお持ちかもしれませんが、実は風雪水害、雷、ひょうなどによる自然災害にも幅広く対応しているという事をご存じでしたか?

実は多くの火災保険が、例えば雪が屋根から落ちて雨樋が壊れた台風で屋根の一部が剥がれたひょうで屋根が壊れた風などでテレビのアンテナが転んだ・または破損した、そのほかにも保険証書に記載があれば、ガレージの破損やカーポートの破損など、色々な自然災害による破損に対応しているのです!

しかし…これらの事は、たいていの保険屋さんは、わざわざ教えてくれません。

何故なら、10年位経過している家屋のほとんどが、なんらかの災害箇所があり、それの受給可能な平均見積もり額は80万円以上、そしてもし、その災害申請を保険加入者全員がやったら、保険会社は儲かりませんからね!

わざわざ家に『そろそろ火災保険の更新時期ですよ』という連絡には来ても、お宅の屋根の雨樋が雪で壊れてますからすぐ火災保険の申請して下さい、なんてご親切に教えてはもらえませんよね。

だから、保険の申請は自分でしなければならないのです。しかしどうやるの?

火災保険の申請はどうすればいいの?

保険証書見ても複雑でサッパリ解らない…。

これが現実で、それなりに保険料を支払っているものの、実際には、ほとんど活用されていないのです。

そこで今回は皆さんに火災保険申請サポート』というサービスを、ぜひともご紹介したいと思います。

  • 火災保険申請サポートとは

プロの調査員が物件の破損個所の調査をして見積もり作成、申請までのサポートまでしっかりやってくれるという、私たち火災保険加入者にとって、かなりありがたいサービスです。

しかも調査費用は無料です。

そして、

結果的に調査したところ災害箇所があり、申請終了後に保険会社から貴方の所に保険金が下りたら、次の2者択一でどちらかを選択できます。

  1. 『保険金を全額使って指定の工務店で修繕工事をする』→これが調査会社への報酬になります。
  2. 保険金の40%を調査会社に支払い残りの60%の現金を貰う。〔使い道は自由です。〕

ほとんどの人は2を選ぶようです。

  • 保険金は必ず修繕に使わなければいけないということは、ありません。

一部だけ直したり他の場所のリフォームに使用しても構いません!

  • 保険を使ったからといって、保険料が上がることは、ありません!

そしてここが最大のポイントで、結果的に調査して申請までしてもらったのに保険金が下りなかった場合、調査費用は一切かかりません。完全成果報酬なので申し込まれた方の持ち出し費用はゼロです。完全ノーリスクです。

是非ともこの機会に、あなたのお住まいの健康診断してみませんか?

下見だけでもというかたはこちらから!

http://lp.onesbest-lounge.com/kasaihoken/?id=003017

関連記事はこちらから!

火災保険申請サポート・平均受取額80万円!