アガベシロップの効果とレシピ砂糖の代わりになります

こんにちは調理師をしているfree-lifeです。

今回は最近注目されているアガベシロップについてのお話です。

お砂糖やメープルシロップの代わりに使かったりするこが多いと思いますが、味やどんな効果があるのか知らない方が多いと思います。

今回はそんなアカべシロップの効果や注意点なども紹介します。

アガベシロップとは

甘味料として使われることが多いアガベシロップ、一般的な甘味料はGI値が高いのに対して、アガベシロップは血糖上昇指数が「21」とリンゴより低いです。

しかも今話題の成分イヌリンも含まれていて、緩やかに血糖値が上がることから、理想的な甘味料として注目されています。

あわせて読もう!

また砂糖の1.3倍の甘さもあるので甘みをつける時に、使用量が砂糖に比べて25%ほども少なくすることができるので、カロリーも控えられます。

近年の健康志向の生活習慣にはピッタリ当てはまっているため、今注目の甘味料です。

アガベシロップのメリット

低GI値

GI値

アガベシロップのGI値は、天然甘味料の中で一番低いと言われています。

GI値が低い理由として果糖が80%と高く、ショ糖がほとんど含まれていません。

さらに自然由来の成分であるため、脳の必須栄養素であるブドウ糖も約15%含まれています。

このことがアガベシロップ特有のすっきりとした甘さの理由でもあります。


GI値が低くインスリンが過剰に分泌されないので、低糖質ダイエットをしているかたなどには、特にオススメの甘味料です。

便秘改善

便秘改善

ほとんどの甘味料は小腸で糖質が吸収されます。
しかしアガベシロップの糖質は、大腸にまで届き腸内のビフィズス菌をふやしてくれて、腸内が酸性に保たれ、悪玉菌の繁殖を防いでくれます。

また腸のぜんどう運動(腸の中の便を外に追い出す動き)を促すため、便秘も防いでくれます!

他にも腸内環境がよくなることで、美肌効果や余計な脂肪を分解する力もあり、ダイエットに効果的です。

さらに免疫機能を調整してくれるため、ウイルスなどから身体を守ってくれます。

腸内環境をよくすることで大腸がんの予防にも期待でき、美容だけでなく健康効果も注目されています。

アガベシロップの注意点

アカべシロップ注意点

良いことばかりのアガベシロップですが、食べ過ぎには注意してください。

GI値が低い為血糖値を上げないので、その分肝臓で分解することになります。

ダイエットに効果的なアガベシロップですが、過剰摂取を続けることで肝脂肪が増え、生活習慣病を引き起こす危険性があります。

甘味料として楽しむ分には問題ありませんが、食物繊維やミネラルなど、野菜や果物を食べるように他の栄養素を期待して摂るのはおすすめしません。

栄養素を期待して、大量に摂取しないようにしましょう!

アカべシロップレシピ

アカべシロップはスッキリとした味で、砂糖の1.3倍の甘さ!

なので和食にもぴったりあいます。

先ずは醤油とアカべシロップを1:1で味付けしてみてください。

煮物

煮物と言っても色々あります。

ここでは基本的な分量の紹介をします。

野菜、根菜の煮物

野菜煮物

醤油1:アカべシロップ1:出汁8+好きな野菜類

この分量を鍋に入れて、冷たい状態から煮ます。

火が通ったら必ず冷ましてください。

味は冷める時に入ります。

この分量は和食の黄金比率のみりんを、アカべシロップにアレンジしたもので、間違いありません。

どんな煮物にもあいますからぜひやってみてくださ。

魚類の煮物

魚煮物

魚類の比率は

醤油1:アカべシロップ1:出汁6+好きな魚

これに臭み消しの生姜をいれて、煮汁が沸いたところに魚をいれてください。

約15分位煮たら出来上がりです。

この場合もいったん冷ますことで、味がしっかりしみこみます。

肉の煮物

肉の煮物

肉の煮物は

醬油1:アカべシロップ1水3~4+好きな肉

牛丼などは水を4でいいと思います。

この分量は色々な肉料理に使えますので是非やってみてください。

朝食にアカべシロップ

朝食にアカべシロップ

朝食の時に、ヨーグルトやコーヒーを飲む方は多いと思います。

その際ぜひ砂糖の代わりに、アカべシロップを使ってみて下さい。

自然な甘みなのですごく美味しです。

アガベシロップを選ぶならオーガニックのものを

メリットもデメリットもあるアガベシロップを購入する場合には、オーガニックの製品を選ぶと安心、安全に使用することができます。

アカべシロップは育つのに、5~6年もかかると言われています。

しかし急激に人気になったため、悪質な業者の中には他のシロップを混ぜたり、ひどい場合には水で薄めている製品も出回りました。

そのような製品のせいで、一時はアガベシロップが身体に悪いとまで言われました。

商品を購入する際は

信頼できる業者の、純度100%のアガベシロップがおすすめです。

まとめ

アカべシロップは血糖値が上がりにくい理想の甘味料です。

しかし健康にいいからといって、摂りすぎてはやはりダメです。

先ずは普段コーヒーに入れている砂糖の代わりにアカべシロップを入れてみる、ヨーグルトにかけてみるなど、簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか!

はじめからハードルを上げ過ぎないで、簡単なことから始めることをおすすめします。

次の健康診断が楽しみですね。