スクワットでお腹の脂肪がとれる?本当なのかを検証したブログ

こんにちは、普段は調理師をしているfree-Lifeです。

今日はスクワットでお腹の脂肪が取れるという噂を聞いたので本当なのかを検証したいと思います。

 

この記事で解る事

  • スクワットでお腹の脂肪が取れる理由
  • 効率よくお腹の脂肪減らす筋トレ
  • スクワットの仕方(動画)

スクワットでなぜお腹の脂肪が取れるのか?

 

お腹の脂肪を減らそうと思うと、先ず腹筋を毎日行うと思っている方がほとんどだと思います。

実は腹筋よりも下半身を鍛えたほうがもっと効果的なのです。

脂肪を減らすには人間が生きる為に最低限必要エネルギーを消費してくれる基礎代謝を上げなければいけません。

基礎代謝は筋肉量が増えれば自然にあがり、何もしなくてもエネルギーを消費してくれる、いわゆる瘦せやすい体をつくってくれます。

しかしやみくもに、どこの部位でもいいから筋トレをしていたのでは効果的とは言えませんよね!

効率よく筋肉量を増やすトレーニングで基礎代謝を上げることが、お腹の脂肪を減らす近道です。

しかしなぜスクワットでお腹の脂肪が取れるのでしょうか?

実は脂肪は一部の部位だけの部分痩せはしないのです。

これはどういう事かと言うと、

脂肪細胞の脂肪を分解する命令を出すのは主にアドレナリンです。

アドレナリンは血液によって全身の細胞に運ばれていきます。

そして全身の脂肪細胞内の脂肪は、同じ割合でエネルギーになっていきます。

その為アドレナリンが筋トレを行った特定の部位にだけ

「おい!そこの脂肪!そこだけ減らすぞ!」

などという指令を出すことは絶対にないのです。

 

効率よくお腹の脂肪を減らすには。

脂肪を減らすには筋トレをして、基礎代謝を上げることが効果的です。

しかしなぜスクワットが効果的と言われているのでしょう?

実は下半身には全身の筋肉量の60%~70%の筋肉があると言われており、筋肉量を増やすには小さな筋肉を鍛えるより大きな筋肉を鍛えることが効果的なのです。

これがどういう事かと言うと、例えば下半身の10㎏筋肉が2倍になると20㎏です。

しかし腹筋などの小さな筋肉の1㎏の2倍は2㎏にしかなりません。

その差は18㎏もでます。

さらに脂肪は一部の部位だけ瘦せる部分痩せはしないので、下半身をきたえて筋肉量が増えると全身の脂肪が均等に減ります。

その結果お腹などの脂肪量が多い部位は同じ半分になったとしても他の部位よりも、より多く脂肪が減るということになります。

バキバキの腹筋を目指している方は是非腹筋ファーストでの筋トレではなく、スクワットファーストでその後で腹筋を行う事をおススメします。

私はこのサイトでスクワットを実践して写真付きで紹介しています。

是非参考にしてくださいね!

スクワットダイエット・ビフォーアフター!中高年の実践ブログはこちらから!

スクワットのやり方ご覧になりたい方は下のリンクからご覧になってください。

https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi__cjHt4DoAhVJBogKHVxIDU4QFjAAegQIAxAB&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DGKowYaoKbq0&usg=AOvVaw3gNTLrVj0Bh78pxbZdx5W2

ダイエットに効果的なコンブチャの記事はこちらから!

コンブチャの効能はどんなか、1年間飲んで確かめた衝撃事実は?

 

人気の記事はこちらから!

自宅の屋根や雨樋こわれてませんか?その修理費ただになるかも!

雨樋修理・屋根の修理は火災保険で!中高年お悩み相談所