本格お寿司を家庭でつくる!後編 40代・50代もてパパ奮闘記!中高年相談研究所

こんにちは中高年お悩み研究所所長のfree-Lifeです。今日は次のようなお悩み解決をしたいと思います。

週末家族や仲間と本格的なお寿司を自分で作ってパーティーしたい!

仲間にお寿司を作って自慢したい!

このような事でお悩みのかたは、是非ともこちらの記事をご覧ください。

 

今日はいよいよ家庭で出来る本格お寿司の後編を紹介したいと思います。

前回のブログで紹介したシャリの作り方の記事は読んで頂けたでしょうか。

まだ読んでいない方はこちらから

本格お寿司を家庭で作る!全編 40代・50代もてパパ奮闘記!

 

さて、まずは今回使用する道具を紹介したいと思います。

 

右からまきす、海苔巻きの芯、にぎりの型です。それでは、これを使って作っていきます。

先ずは今回のお寿司のテーマは『海鮮ちらし軍艦巻きと握り寿司』です。

偉そうな名前ですが、ようするにスーパーで売っている、刺身の『切り出し』を豪華な寿司に変身させようというものです。しかしそれだけでは面白くないので、握り寿司と海苔巻きも入れて豪華な盛り合わせにしたいと思います。

まず、シャリ玉を作ります。下の写真のようにシャリ玉の型を使って作ります。

次に軍艦巻きの具を作ります。下の写真のように色々混ぜて、市販のめんつゆを少量絡めます。

次に先ほどのシャリ玉にのりを巻いて、作った具をのせます。

ここから握り寿司の作り方を説明します。先ほどと同じように、シャリ玉を作ります。下の写真のように並べて、ネタをのせます。

ここで、一手間かけます。シャリ玉にネタをフィットさせるイメージです。 難しそうに思うかも知れませんが、大丈夫です。

ここで巻きすが登場します。通常巻きすは海苔巻きに使いますが、握りにも使うとより本格的な握りになります。

それでは説明します。上のただネタをのせただけの寿司を、下の写真のように上からみ、軽く上から下に押さえ込むように握ってください。

すると次の写真のようにきれいな寿司になります。ジャストフィットです!

DSC_0400

今度は海苔巻きです。海苔巻きの型に、シャリとネタを写真のように入れます。

そして二つを合体させて海苔巻きの芯にします。

そしてこれを巻けば完成です。

最後に今作ったお寿司をすべて盛り込みます。完成写真がこちらです(じゃじゃーん!)

お疲れ様でした!

みなさんも自前ながら、本格的なお寿司に仕上がったと思いませんか?!スーパーの安い刺身の切れ端も、工夫次第で豪華なお寿司に変身します。そして握りも、巻きすを使うと本当に職人さんが握ったような形になります。中高年のお父様方、週末の飲み代の一部で豪華な手作りお寿司を家族の為に作って、失った父親の権威と株を取り戻し、もう一度あの頃の『シュッとしてそこそこイケてたパパ』と呼ばせてやりましょう!もう休日に『お父さん、邪魔!そこどいて!!』なんて言わせてる場合じゃありません。休日はパパ料理を振る舞う、イマドキのかっこいいお父さんになりましょう。

私がお勧めするマグロお取り寄せサイトはこちらから!



ちなみに食べ過ぎてお腹が気になるお父さんはこちらの記事も参考に!

中高年!無理しないでダイエット!瘦せすぎ注意!

今日も最後まで読んで読んで頂きありがとうございました。