50代のポッコリお腹のダイエット方法は、こちらから!

こんにちは、普段は調理師をしているfree-Lifeです。

今日は50代のポッコリお腹をへこます筋トレダイエットを紹介します。

 

この記事で解る事

  • 50代のポッコリお腹をへこます方法は?
  • 効果的な筋トレは?

我々中高年世代で一番気になるところの上位にお腹があると思います。

体は瘦せているのにお腹だけがポッコリ!とても残念ですよね。

そしてへこまそうとがんばって腹筋をやって、腰を痛めた経験はだれしもあると思います。

私もそうでした。

しかしそれ自体が間違いです。正確にいうとやる順番がちがいます。

それでは説明します。

50代のポッコリお腹のダイエットに効果的な方法は?

お腹をへこまそうとすると先ず一番に腹筋を思い浮かべますが、実は腹筋をいくら頑張ってもポッコリお腹はなかなかへこみません。

なぜかと言うと体脂肪は一部だけが少なくなるということはありません。

体全体に均等に減るので腹筋を鍛えてもお腹の脂肪だけ減ることはないのです。

体脂肪が半分になるとすると、全身の脂肪が均等に半分になるという事です。

そして脂肪を減らすには筋肉をつけなければいけません。

効果的に筋肉を増やすにはスクワットが超おすすめです。

 

スクワットの効果は?

下半身には全身の筋肉の60%~70%の筋肉があると言われています。

筋肉量を増やすには小さな筋肉を鍛えるより、大きな筋肉を鍛えた方が効果的です。

どういう事かと言うと、同じ10%筋肉量が増えたとします。

10㎏の筋肉の10%は1㎏です。しかし1㎏の10%は100gです。その差は900gもあります。

さらに筋肉が増えれば基礎代謝が上がり、何もしなくてもエネルギーを消費してくれます。

私はこのブログでスクワットを実践して効果を検証しております。

まだ読んでない方はこちらから!

スクワットダイエット・ビフォーアフター!中高年の実践ブログはこちらから!

スクワットは足を鍛えるイメージがありますが、実は下半身を鍛えることはお腹のダイエットにもかなり効果的です。

下半身を鍛えることで全身の脂肪が均等に減ります。

なので脂肪が多いお尻やお腹まわりなどは他の部位より多く減ることになります。

どういう事かと言うと、たとえば脂肪が半分になるとします。

10㎏の脂肪の半分は5㎏ですが、1㎏の半分は500gです。

お腹や下半身は脂肪量が多いので、下半身を鍛えることでより多くの脂肪を減らすことができるという事です。

なので下半身を鍛えて基礎代謝を上げる事によってお腹の贅肉を落とすことが超期待出来ます。

その後に腹筋を鍛えればバッキバキの腹筋になるかもしれませんね!

くれぐれも腰痛には気を付けてくださいね。