30代からのダイエット成功法は?失敗しないための秘訣は?

こんにちはfree-Lifeです。

今日は30代からのダイエットで失敗しないための秘訣を紹介したいと思います。

☆20代から代謝が落ちる!

一般的に20代を境に太りやすい体になっていきます。

何故か?

これは筋肉量に関係しています。

20歳位までは成長ホルモンが盛んに分泌されます。そのため特に運動しなくても筋肉がつくられます。

しかし20歳頃をピークに筋肉量はどんどん減ってしまいます。

そして太りやすい体になっていきます。

☆失敗するダイエットの仕組みは?

ダイエットを成功させるには、入れる量より出す量を多くしなければなりません。

  • 入れる量は、食べる量や、摂取カロリーのことです。
  • 出す量は、汗や便の排泄、運動になどによる消費カロリーです。

このバランスがうまくいかなくては失敗します。

気お付けなければいけない事

どんなに体重が減っても筋肉量が減ったダイエットは失敗です。

何故か?

ダイエットをしようと思うと、食べない事から始める方が多いと思います。

しかしただ食べずに瘦せたダイエットは失敗です。

脂肪と一緒に筋肉が、どんどん減っていきます。そして減った体に食べることで、つくのが脂肪です。

これがリバウンドの仕組みです。

☆成功するダイエットは?

30代からのダイエットには、必ず運動が必要です。

20代前半前半までは、成長ホルモンが盛んに分泌されることで、自然に筋肉はつくられます。

しかし30代の方々は、まだ若いと思ってなまけていませんか?

30代は確実に老化が始まっています♢

食事に気お付けながら無理のない運動をしましょう!

 

☆ダイエットに最適な筋トレは?

ダイエットのイメジージは、ハードな運動を思い浮かべますが、実は運動による消費カロリーは、全体の15~20%ほどしかありません。

消費エネルギーで60%程をしめているのは、熱をつくり、体温の維持をしている基礎代謝です。

そして筋肉は意識した運動をしなくてもエネルギーを消費してくれます。

その筋肉を作りだすのに最強筋トレが、スクワットです。

中高年の筋トレダイエットのしかたは?

中高年の効果的な筋トレダイエットと基礎代謝の上げ方

 

 

まとめ

30代はまだ若いと思っている方がほとんどですが、実は体は老化が始まっています。

成長ホルモンの分泌量の減少にともない、筋肉量が減ります。その結果熱をつくり、体温の維持をしている基礎代謝が落ちて太ります。

体内で筋肉量が最も多い下半身を鍛える事が、30代の成功ダイエットの近道です。