意外と知らないサウナのマナー!これさへ読めば怒られない!

こんにちはfree-Lifeです。

当社でサウナを開業して早いもので20年たち、日々沢山のお客様から色々なお言葉を頂いております。

その中でも、サウナのマナーの悪い人への苦情は特に多いです。

そんな20年間での経験で、これはやってはいけないというマナーを、紹介したいと思います。

この記事を読んで以外と自分もやっていると思った方は、やらないように心がけましょう。

サウナでのマナー

サウナ室の中は営業中は掃除が出来ません!

これは普通のことです、サウナ室にお客様がいる時に、デッキブラシで洗っているのはさすがに見たことがないですよね!

タオルの交換がいいとこですね!

当社でもサウナの清掃は開店前と決まっております。

という事は、サウナの中はお客様一人一人が汚さないように気を付けなければいけません。

ではどのような事に気お付ければいいのか紹介したいと思います。

サウナに入る前は体を洗う

サウナに入る前には体を洗いましょう。

汚れた体でそのままサウナ室に入れば、当然サウナ室も汚れてしまいます。

これでは後から入る人はいやですね!

でもサウナに入る前に体を洗う理由は、これだけではないのです。

毛穴が汚れている

普段の生活で、毛穴には沢山の汚れがついています。

その汚れを取り除かなければ、せっかくサウナに入っても出て来る穴がふさがった状態になっています。

毛穴をキレイにしてから入る事は、自分にとっても効果的なサウナの入り方になります。

体を必ず拭いてから入る

体を洗ったら、必ず体を拭いてからサウナ室に入りましょう。

これは濡れた体でサウナ室に入ると、当然床などがビチャビチャになってしまいます。

当然他の人は嫌がりますよね!これ結構やらない人多いので気お付けてくださいね!

あと体を拭いてから入ると、毛穴に余分なものがついていないので汗が出やすく、自分の為にもなるので必ず拭くようにしましょう。

立って入らない

これは意外に多いクレームです。

私的にはどうしてわざわざ立って入るのか、さっぱり分かりませんが、意外に多いです。

立って入るという事は、座っている人に対してお尻または陰部を見せていることになります。

これは相手にとっていい気分はしませんね!

それに立っている周辺には、他の人が座りたがらないので、座席の占領にもつながります。

どうしても混んでいて立たなければいけないようならば、隅の方に行きましょう。

しかし立って入る事はサウナ室では危険なので、やはり混んでいる時は空くまで待った方がいいと思います。

必ずタオルかマットを敷く

サウナは当然ながら、裸で入る場所です。

という事はサウナの中の座る場所は、直接お尻にふれます。

なんかいやですね!

サウナ室で座るときは、必ず絞ったタオルかマットを敷いては入りましょう。

後の人の為にもなりますし、自分の為にもなります。

サウナ室でタオルを絞らない

これ正直よく見かけます。

椅子の板が熱いからかけるのか?それとも、前の人の汗を流しているつもりなのか?

私には分かりませんが、周りの人は本当に迷惑です!

絶対止めてください!

あとこれをやる事で、サウナ室のすのこ部分の板が大変痛みます。

経営側からしても、絶対にやらないでほしい行為の一つです。

大きな声を出さない

これは当然のことですね。

サウナに入っている方は、血行皆さん自分と戦っている方が多いと思います。

他人に迷惑がかかるような、大声で話すことは止めましょう。

テレビのチャンネルを勝手に変える

自分が見たい番組があるのは分かりますが、変える時は周りの人に一声かけるようにしましょう!

あとリモコンをフロントから借りたら、必ずすぐに返しましょう。

たまにサウナの中に置きっぱなす人がいて、こまっています。

使ったら元に戻すのが大人のマナーです。

水風呂でのマナー

サウナと言えば水風呂がつきものですね!

しかし水風呂の入り方のマナーが悪い人が沢山います。

他の人の事を考えて入ってください。

水風呂に入る前に必ず汗をながす

よく見かけるのが、サウナ室から出て水風呂へ直行する人がいますが、絶対止めてください。

水風呂が汚れるのはもちろんのことですが、他人の大量の汗が自分に触れたらいい気分がしませんよね!

必ず一回ごとに汗をシャワーなどで流してから入浴してください!

タオルを水風呂に入れない

いちを書きますが、これは当然のことで絶対にやってはいけません。

あなたの大量の汗と毛穴の汚れが、全部水風呂に入ってしまいます。

しかし今だにやっている人を見かけます。

当社では、いたるところに注意書きをしていますが、それでも止めない人がいます。

タオルを入れると湯船には大量の垢が浮き、衛生上本当によくありません。

絶対にやらないで下さい。

水の中に潜る

これもたまに見かけます。

頭を冷やしたい気持ちはわからないでもないのですが、髪の毛が水に浸かった状態は、他人から見て決して気持ちがいいものではありません。

それに潜る事で水風呂が大津波のようになり、静かに入っている方にとって大変迷惑です。止めてください!

絶対に入ってはいけない人

20年サウナを経営していると色々なことがありました。

そのなかで、この様な方は絶対に入らないでください!

お腹の調子が悪い

サウナやお風呂で体を温めることで腸の動きが活発になります。

お腹の調子が悪い方が入ると、ますますお腹が下ったりすることがあります。

現に数年に一度は、お風呂で我慢できずに漏らしてしまい、営業中にお風呂の水を全部ぬいて清掃することがあります。

他のお客様にも大変迷惑もかけますし、私どもの入浴所にも多大な損害を与えます、お腹の調子が悪い時は、ご遠慮ください。

お酒を飲んでいる人

これは昔に比べると凄く減りました。しかし今だにいます。

お酒を飲んでサウナに入る事は大変危険です、絶対にやめましょう。

体調が悪い、持病があるなど

体調が悪い方は入浴しないでください。

これは本当にお願いです。

現に私どもの入浴所でも、何名かの方が亡くなりました。

体調が悪いのに入浴して途中で具合が悪くなり、救急搬送してそのままお亡くなりになりました。

サウナは正しく入れば、健康のために本当に良いものです。

しかし間違った入り方をすれば、自分の命を失うこともあります。

体調が悪い方は絶対に入らないでください。

本当に心からのお願いです。

入れ墨のあるかた

入れ墨のある方は、拒否されることもあるので注意してください。

当社では入浴拒否はしていませんが、サポーターなどでなるべく隠すようにお願いしています。

是非入れ墨が入っている方はご協力お願いします。

まとめ
今日はサウナのマナーについて紹介しました。
これを読んだ方は、なんかめんどくさい場所だなと思った方もいるかと思いますが、すべて当たり前のことです。
サウナは大勢の人が入る場所なので、自分勝手な行動をとらないで、思いやりを持った入浴をしていただければ、とても楽しい場所、そして仲間ができる所です。
マナーを守って楽しいサウナライフを過ごしていただければ、幸いです。
最後にお願いです!
くれぐれも体調が悪い人は、入らないでください!
命にかかわります!