基礎代謝とはなに?基礎代謝を上げる運動って何?

こんにちは、free-Lifeです。

今日は基礎代謝とはなにか?どのようにすれば基礎代謝が上がるか説明したいと思います。

ダイエットをこれからしようと思っている方は是非参考にしてください。

 

基礎代謝とは何か?

 

基礎代謝と言う言葉はよく聞きますが、知っているようで知らない方が多いようです。

ダイエットを行う上で必ず必要な基礎代謝!これは人間が生きる上で最低限必要な呼吸や心臓、脳、肝臓、体温などでの生命維持に使われる消費エネルギーをさします。

一般的には10代をピークに加齢とともに低下し、太りやすい体質になっていきます。

体温維持や心臓や呼吸、脳や肝臓などでの消費エネルギーは一日の約70%をしめて、何もしなくてもエネルギーを消費してくれます。

つまり基礎代謝が上がれば瘦せやすい体をつくることができるということです。

基礎代謝は何故低下するのか?低下すれば何故太るの?

基礎代謝の低下は、筋肉量の減少が大きな原因の一つにあげられます。

筋肉は体を支える他に私たちが生きる為の熱をつくり、沢山のエネルギーを消費してくれます。

しかし色々な原因で筋肉量が減ると、体温の維持が出来なくなるため体は自然に脂肪をつけようとします。

そしてこれを繰り返すことで肥満体質になっていきます。

 

どうすれば基礎代謝が増えるか?

基礎代謝を増やすには筋肉量を増やすことが効果的です。

安静時代謝量は次の通りです。

骨格筋 22%
脂肪組織 4%
肝臓 21%
20%
心臓 9%
肝臓 8%
その他 16%

 

 

 

 

 

 

 

 

下記のリンク

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト参考

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html?_ga=2.167317434.500063410.1583743683-77171020.1583743683

骨格筋での基礎代謝の消費エネルギーは全体の22%程度ですが、筋肉は私たちが生きる為の体温維持をしてくれて、更には体を動かすことでの活動時エネルギーも消費してくれます。

ダイエットを行う上では筋肉量を増やすことが必ず必要ですね!

効果的に筋肉を増やすには?

基礎代謝を増やすには筋肉量を増やすことが効果的です。

しかしやみくもに筋トレを行っても効果は出にくいです。

下半身には全身の筋肉量の60%~70%の筋肉があると言われており、その大きな筋肉を鍛えることで筋肉量を効果的に増やすことが出来ます。

※下半身のトレーニングで効果的な筋トレは、やはりスクワットですね!

何故か?

例えば同じ10%の筋肉量を増やすために筋トレをしたとします。

  • 大きな筋肉(下半身など)   10㎏の10%=1㎏
  • 小さな筋肉(体幹筋など)   1㎏の10%=100g
  • この差900g

このように900gの差がでます。

その為筋肉量を増やすには、より大きな筋肉を鍛えた方が効果的といえます。

ちなみに同じ筋肉量を増やすとしたら、腹筋500回とスクワット15回のトレーニングが同等と言われています。

腹筋500回は出来ませんが、スクワット15回位ならできますよね!

私はスクワットを実践して効果をブログで紹介しています。

是非参考にしてください。

スクワットダイエット・ビフォーアフター!中高年の実践ブログはこちらから!

まとめ
基礎代謝とは体温維持や臓器を動かし、人間の生命活動に最低限必要な消費エネルギーです。
この基礎代謝を上げることで太りにくい体になります。
基礎代謝のうち筋肉が占める割合は22%程ですが、筋肉は体を支え体温維持などで活動時のエネルギーを消費してくれる大切な器官です。
筋肉量を増やすには体幹筋の小さな筋肉を鍛えるよりも下半身の大きな筋肉をスクワットで鍛えることが超効果的です。